アメリカン・グラフィティ 図書館DVD

ジョージ・ルーカスというと皆さんスター・ウォーズとかインディ・ジョーンズになってしまうのかもしれませんが、スター・ウォーズを作る為の資金を稼いだのがこの映画です。と言ったらいやらしいのですが、デビュー作がコケて起死回生の一発、そんな感じです。スター・ウォーズではキャラクター商売が上手くいって、映画そのものよりも稼いでいますが、こちらの映画もサウンド・トラックが売れています。規模は桁違いですけど。

アメリカの4人の男子高校生の高校最後の夜をそれぞれの物語を描きつつ進行していく、グランドホテル形式となります。当時無名の俳優を多数起用して作ったとありますが、この映画がキッカケでブレイクする人ばかりです。この映画は続編があるのですが、そちらは本作よりヒットしていません。ギャラも上がっていますし大変だったと思いますが、ルーカスの資金力の方が上回っていますよね、きっと。

本タイトルは1962年の夏という舞台設定です。アメリカは秋が新学期になりますので、夏に卒業パーティをやっているのですが、日本人にはピンと来ないですね。パーティそのものもですけど。それぞれが卒業後の不安を抱えたまま、高校最後の夜を過ごします。

ビーチ・ボーイズが新しいバンド、という描かれ方をしています。中学生くらいの女の子が夜遊びに参加していますが、その子はビーチボーイズが好きだが、計らずも一緒になってしまった男の子は興味無く、バディ・ホリー迄がロックと言っています。ホリーはこの時既に故人です。ホリーのバンド、クリケッツの構成を素にした、イギリスのバンドが世界を席巻するのは2年後になります。

明るく楽しく豊かなアメリカ、でも夜の田舎町を描くことによって、何とも言えない閉塞感を感じます。でもずっとそこに居ると居心地は良いですものね。でもやっぱり都会の暮らしも憧れる訳で。

その町を出て行きたくないエリートの男の子と、ステディがいるのに町を出て行きたい男の子、どちらも将来への不安が滲み出ています。田舎町で行く所と言えば地元のファミレス、だからウェイトレスも顔馴染み、会う人も知り合いばかり。これをどう捉えるか。私の住む川越も他人事では無いです。

ラストシーンでは淡々と4人のその後が字幕で語られます。この3年後には2人は居なくなってしまうという物ですが、この情報いる?とも思ったのですが、今仲良しでもやっぱり其々の人生、でもこの一緒にいた時間はかけがえのない物、そんなことを思わせてくれます。

映画のラストのビーチ・ボーイズは1964年の作です。1964年にはビートルズのアメリカ進出もあり、ビーチ・ボーイズの底抜けに楽しい音楽の時代も終わり、ベトナム戦争も泥沼化します。その前の良き時代、でも作った方も観る方もその後のアメリカが分かっている分、観ているのが苦しくなってきます。

このタイトルの公開が1973年で、アメリカがベトナム戦争から撤退した年です。ビートルズは既に解散し、エルトン・ジョンとポール・マッカートニー&ウイングスの時代になっていきます。そんなこと考えずに観られたら、本当に楽しい映画なのかもしれませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。