coffee shop きた

川越駅の西口がこのところ再開発の波に呑み込まれています。もともとオフィスビルばかりのところですが、駅前にビルがいくつかあって、その周りは住宅地で、東口の騒々しい感じと比べると静かな街という感じです。

ここ10年くらいでしょうか、まず駅前のロータリーが整備されました。その後ウェスタ川越ができ、今度又、ユープレイスという施設ができるので工事をしています。道なんかもどんどん整備されて、あっという間にお洒落な街並みが出来上がってきた。そんな感じです。

裏通りにはスナックとか色々ありますが、そういったお店は苦戦を強いられるんでしょうね。東京の下町の出なので、ゴチャゴチャしている方が落ち着くのですが、世の中はどんどんスタイリッシュな方に変わっていきますね。

そんな街並みの一角にこちらのお店があります。家の前にワーゲンビートルが停まっています。店内にもビートルの模型があったり、ビートルズのレコードやポール・マッカートニーのポスターがあったりするので、一つのテーマなんでしょうね。

中に入っての印象は、80年代ラブコメに出て来るような喫茶店、そんな感じです。非常に懐かしい匂いがします。ウチの近所にもこういうお店あったなあ、なんて気持ちになります。喫茶店行くなんて不良、そんな雰囲気ありました。懐かしいなあ。

なかなか結ばれない男の子と女の子が時間違いで利用していて、マスターが両方の想いを聞いていたりして…。妄想です。若い頃の柳沢慎吾さんが裏から出てきそうな雰囲気です。妄想ばかりですが、楽しい気分になりました。

さて、肝心の注文ですが、ブレンドコーヒーです。丁寧に淹れて頂きました。美味しかったです。雰囲気込みで良い時間を過ごせました。何杯飲んでも良い感じのすっきり味でした。そんなこと言って頼んだのは1杯だけですけど。

店内にはピアノがあったりしたのですが、現役なのかなあ?さらっと弾けると素敵なんですけどね。いやいや西田敏行の唄じゃないんだからって古いですね。ワタクシどうせ昭和世代だからいいんです。もう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。