金栗四三資料館/墓地 熊本県和水町

NHKの大河ドラマでも数年前に取り上げられていた金栗四三さん。熊本の玉名出身ということと、晩年は地域でマラソン振興を積極的に行っていた人物ということで、氏が始めた大会やら何やら色々あります。

生家の方の公開は既に終わってしまっていますので、結婚して住んだところ、あ、この方養子に入っていて本名は池部四三さんです。大河ドラマと事実はちょっと違うようですが、池部家に養子に入った後で結婚したそうです。

車で行った、というより車でないとちょっと行けない、いやそういうウォーキングコースもあるんですが、相当な健脚でないと厳しいと思います。駐車場はあるのですが、その駐車場に変な人形が…。

怖いよ!特に私が停めたのは一番奥のセーラー服のヤンキーの前、すっかり忘れていて帰りに遠くから見えた時、自分の車がヤンキーに囲まれている!と、ビックリしてしまいました。大谷翔平さんもあるので、何で今更わざわざ作ったのよ…。

最初にお墓の方に行きました。「体力、気力、努力」の大きな石碑、その脇にお墓がありますが、池部家のお墓です。本人も数え93歳迄存命だったのも凄いのですが、奥様は100歳、平成の時代までいらっしゃったんですね。凄い。

大河ドラマでは昭和42年のストックホルムでのエピソードで終わっていましたので、その後も長く生きていらっしゃったんですね。役の中村勘九郎さんや綾瀬はるかさんが90歳とか100歳とかは私は見ることはできませんけど。

そこから歩いて資料館に行きます。金栗四三夫妻が実際にお住まいになっていた所です。かなりのお金持ちだったようで、家の造りも立派ですし、調度品も高価な物ばかりです。良い所に養子に入ったんですね。

子孫の方は既に住んでいなくて自治体にて管理されているそうです。係の方に丁寧に教えて頂きました。それと手紙やら書やら展示があるのですが、とても達筆な方だなあと思いました。ドラマが終わり観光客も少なくなっているそうなので、興味ある方は是非、ゆっくりご覧になれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。