藤間流発祥地の碑

街が古いというのは変な物がポツンと残っていて、それが忘られたり、ある日突然脚光を浴びたり、完全に忘却の彼方へ消えてしまったり…。消えかかっている石碑の文字を見るのは一苦労するのですが、それが何か判った時はとても嬉しい気分になります。だいたいは専門家が既に解読しているんですけどね。

この題名を見て藤間流って何?ですよね。そこから説明しないと始まらないのですが、日本舞踊の流派の一つで、現在も受け継がれている流派です。その藤間流の初代藤間勘兵衛の生まれ故郷ということで、この碑を作ったようです。

因みにこちらの住居表示は熊野町という所になりますが、区画整理をする前の住所は川越市藤間、ということで、藤間村の勘兵衛だったのではないかと思います。熊野町は字が熊野で、熊野神社があったそうです。

普通のお宅のお庭の一画に、それはありました。ちゃんと柵で囲った一画に鎮座しています。個人で管理されているのか、公共のものなのか、ちょっと分かりませんが、外にあるものとしては、ちゃんと管理されている印象です。場所的には川越街道沿いにあります。

正直、日本舞踊も詳しくないので、まして藤間流とか言われもという感じですが、郷土の偉人ということで色々調べたいのに、あまり詳しい資料が見つかりませんでした。本当はこういう人こそちゃんと調べて、記念を残したい気がします。日本舞踊の世界では、メジャーな流派で、地元の地名まで入っているのですから。

尚、ここは観光地とはかなり離れた場所にあります。ここの為だけに遠方からお見えになると、ちょっと悲しいことになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。