田中屋

川越の一番街は今、食べ歩きの街になっています。勿論その弊害もあります。食べ物の汁の付いた手で反物に触れられたり、公共のゴミ箱がほとんど無い為、植え込みや全然関係ない民家の庭や自転車のカゴにゴミを捨てられたり。なんとかならないかと思いますが、個人ではどうしようもなく。

ツイッターとかインスタグラムではきれいな物しか出ないので、あまりそういう話は観光客の皆さんには馴染みがないかもしれませんね。でも最低限のマナーは気を使って頂けるとありがたいです。公共のゴミ箱くらいは何とかならないのかとは思いますけどね。店の方で触るなとか、ネガティブな表示をせざるを得ない状況を作らないこと、それが大事だと思います。

この流れで紹介するのは忍びないのですが、今回の田中屋さんは昔ながらのしょうゆだんご一択のお店、これしかありません。製法も昔から全く変えていないと思われますが、まさに「これしかない」という味わいです。川越食べ歩きの本来の定番はこれかなと思います。串は回収してくれます。

全くインスタ映えとかしないですね(笑)。だいたい午前中で売り切れてしまいます。常連客が多いです。時の鐘の隣という立地で昔ながらの店構え、外にあまりオープンな造りになっていませんので、入りにくいという欠点はあります。とはいえ売り切れてのるのだから問題はないのでしょうね。

良かったら食べて行かれます?と言われて甘えています(笑)。手取り足取りのサービスは必要ないですが、こういった気遣いは嬉しいです。店の前の通りは鐘撞堂の前の通りなのでかなり騒々しいですが、この店に入るとちょっと音量が下がるので、食べている間はゆったりできます。とはいえメニューはこれだけなので、長居は出来ませんのであしからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。