東日本大震災と徒歩とFM福岡「ちんさや」と

(前回の続き)靴の履き替えを諦めたのはちょうど池袋だったと思います。デパートも何も軒並み閉まっていました。池袋でも電車を確認しましたが、やはり動いていませんでした。仕方なく歩き続けました。

途中の量販店で自転車が売られていましたが、車道も歩道も混み混みなので使えないと判断してスルーしました。結構売れたみたいですね。練馬の駐屯地からは被災地出動の車が出ていき、周辺から拍手が起こっていました。宿泊というのも考えましたが、ホテル、漫画喫茶、サウナも全て満員で入れませんでした。考えることは皆同じです。

新座まで歩き、開いていた牛丼屋さんに入りました。牛丼を食べた後すぐに立ち上がることができず、牛丼屋さんに30分以上もいたのは初めてだと思います。それからも歩き続けると、ふじみ野の辺りまで来てようやく人の流れが切れました。東京から歩く決意ができる限界点がこのあたりなんでしょうね。車列も少し流れるようになってきました。

歩き始めて6時間、ようやく家にたどり着きました。ギリギリその日のうちに帰りましたが、靴の中は血だらけでした。翌日は布団から簡単には抜け出せませんでした。土日で良かったと思ったら、電車が動かず週明け月火は自宅待機したことを覚えています。

歩き始めた時、iPodで音楽を聴きました。最初は気が紛れたのですが、音楽って聴きながら他のことを考えてしまうもので、不安とか心配も増幅され、かえって落ち着かなくなりました。ヒーリングミュージックの類でも駄目でした。そんな時に聴いていたのが、podcastで落としておいたラジオでした。

その頃よく聞いていたのが、FM福岡の「ちんさや」という番組でした。過去の放送も纏めてiPodに入れていたので、家に帰るまでずっと聞いていました。今ではFM福岡の看板パーソナリティとなっているちんさんと、福岡のローカルタレントで今は東京でイラストレーターをなさっている林さやかさん(現横峰沙弥香さん)の軽妙な掛け合いを、ただ楽しく聞いて歩き続けました。なのでちんさんとさやかさんは本当に私の心の支えでした。

あの時の靴は結構早く履きつぶれました。携帯電話ももうスマートフォンに変わり、iPodも使わなくなってしまいました。でもiPodの本体そのものは捨てられず持っています。本当の被災地の方にすればどうでも良い話なのですが、自分が経験したことなのでここに書き留めておきます。あまり誰かの役には立たなそうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。