川越市立美術館 ゆかた 浴衣 YUKATA -夏を涼しむ色とデザイン―

Tea Lounge 山吹のご紹介の時に書いた通り、博物館と美術館に行って参りました。今回は美術館の方のご紹介です。

本川越駅から徒歩かバスという立地なのですが、まあ、歩いています。なので甘いものが欲しくなったりするのですが。商店街を冷やかしたり、住宅街の路地を歩いたりしてたどり着きます。そういうところも今後紹介していければ、と思っています。

江戸時代から現代までの浴衣がテーマ毎に展示されていました。川越は空襲もなく古い物が残っている印象ですが、市外のものもあり、これを着ていた人の気持ちなど想像しながら回り、タイムスリップ迄は感じませんでしたが、興味深く見させていただきました。もっとも博物館でやってもいいテーマかもしれません。

もう何度も訪れている美術館なので、常設展はまあいいかな、とか思ったりもするのですが、年に何回か展示を変えているので、新たな発見があります。絵も休ませないと劣化していきますからね。

チケットの通り、この展示会は9月8日までです。お見逃しの方はお早めに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。