川越の中心部に行きました。秘境駅?にも行きました。とか。

先週はゴールデンウィークの前半の話をしました。後半はようやく川越の中心部の方へ行ってみました。いやはや、とんでもない混み具合でした。福岡へ持って帰るお土産が欲しかっただけなんですけど、ちょっと大変でした。

まあ新型コロナ・ウイルス前のことを考えればまだまだなんでしょうけど、本当どこもかしこもいっぱいで、しかも密で。でも賑わいが戻ったのは良かったんでしょうけど。しかし、又増えるのかなあ。

ゆっくり見ることはちょっと出来なかったんですけど、やはり半年離れていると店が変わっていたりはしますね。新しく出来て何とか頑張っているお店とか、行ったことがある店が残っているのを見ても嬉しくなります。

そして帰る日が来て、今回成田空港を利用してみました。国際便の運行が少ないとやはり成田は寂しいですね。福岡空港の方が人出は多かった気がします。まあ羽田は凄いことになってたんでしょうけど。

それで今回、成田空港を使うのに行きたかったのが京成線の東成田駅でした。元々この駅が京成の成田空港駅だったらしいのですが、成田新幹線計画がポシャったりして計画が変わり、別の所に成田空港駅が出来た為、名称を変えて現在に至る感じです。

駅の規模自体はかなりの大きさですが、着いて降りたのがわたし含めて3人、空港内の秘境駅と呼ばれる訳です。駅のベンチも多分昭和時代に置いたもののままなんでしょうね。デザインが古いです。

駅は地下にあるのですが、外に出ずに第2ターミナルに続く地下通路があります。500mほどで着くので歩いてみました。監視カメラはいっぱいあるし明るいので怖くは無いのですが、とにかく人がいないので少し気味が悪い感じがしました。

それと知識としてはあったのですが、通路途中で携帯電話が圏外になりました。空港の敷地内のはずですが、防犯のためにも携帯電話は繋がった方が良いと気がします。たまたま来た人間が言うことでもありませんけど。

それとももクロ電車を見ました。富士見市出身のメンバーが居て、富士見市で5年前にイベントをやって、その記念で走っていたようです。そのメンバーは辞めているそうなのですが、それでもタイアップするなんて律儀なんだなあと思いました。電車つながりで触れてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。