地震もウイルスも乗り越えて行きましょうね、という感じかなあ?

寒い寒い言っても仕方ないのですが寒いです。先週末は宮崎で結構大きい地震がありました。その日はたまたま熊本に居まして、寝ていたら携帯電話から物凄い警報音が鳴り、グラグラグラ…、時間も感覚的には長かったような気がします。

震度4というと私が子どもの頃だと結構な揺れのような気がしたのですが、住宅性能が上がっているからなのか、地震慣れしてしまっているのか、あんまり怖くなくなってしまいました。あんまり良くない傾向です。

熊本は6年前に大きな地震に見舞われました。天守閣なんかは復旧したというニュースもありましたが、お城全部が直った訳ではなく、その他の石垣なんかはまだまだ工事が続いています。今回の地震も未だ記憶が覚めない中でのことなので、やはり不安は大きかったようです。

私はその日の夜には博多に帰りましたが特に何ごともなく、自宅も何の変わりもありませんでした。その前のトンガ沖海底火山噴火による津波とか、地球は未だ未だ元気で自然の前では人間なんか全然無力なんだなあと改めて感じます。

私、オリンピックが終わって新型コロナ・ウイルスの陽性者数が減っていた時に、ウイルスですから多分冬になったらどうせ増えるんでしょうと言っていました。その時は変異株なんて考えていませんでしたが、あんまり当たって欲しくない予想が当たってしまった感じです。

又まん延防止の世の中に入って行きますが、どのくらいの危機感で臨めば良いのか、見当もつきません。他人の迷惑にならないように生きて行くしか無いのかな?そう思って日々を過ごすのみ、かなあ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。