喫茶バンカム 福岡市博多区

いつの間にやら献血が習慣となってしまいました。本当は若い頃から行っていたのですが、前にも書きましたが太ってしまい、輸血等に使えないと言われて本当に10年以上のブランクを開けて再開しています。

もうすっかり常連になってしまっているのですが、博多駅のバスターミナルビルの8階に献血ルームがあり、こちらを利用させて頂いています。なのでこのビルの喫茶店と麺類はいずれ全てご紹介することになると思います。急に川越に戻るとかが無ければ。

でもバスターミナルや駅前の喫茶店って、やっぱりちょっと寄りたいものです。10分でも良いので。重い荷物を持っていたり雨が降っていたりすると、あんまり外へ出たくありませんしそもそも歩きたく無いですものね。

バスターミナルビルの中に数件カフェが入っていて、こちらでも以前ご紹介していますが、今回は唯一のチェーン店で無いお店をご紹介致します。知らないと入りづらいかも知れませんが、入ってみると良いお店ですよ。

バンカムさんのスープモーニングです。ポタージュスープの柔らかい味が内臓に優しい感じです。何かほっこりします。トーストは普通の白い食パンと、全粒粉の食パンの2種類。何か嬉しい。

コーヒーは頼まないつもりだったのですが、追加注文してしまいました。ちょっと苦目ではありますが、ほのかに甘く美味しいコーヒーでした。追加して結局良かったです。良いモーニングでした。

っと、書き忘れるところでした。写真はわざとレジの向こうが映るように撮ったのですが、ぼやけてますね。イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢、可愛いイレーヌの絵です。もちろんレプリカですが眼福でした。

ルノワールの傑作のこの絵の少女はユダヤ人で、結婚後キリスト教に改宗して収容所送りになりませんでした。そんなものなんだ?と思いましたが、彼女の父や姉妹はアウシュビッツに送られています。見るたびに美しい絵だと思うのですが、背景を知るととても複雑な気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。