半高山・吉次峠古戦場 熊本県玉東町

田原坂に行ったのに吉次峠に行かなかったのかと言えば、スミマセン、その時には行けませんでした。時間切れで。まあ誰に対して謝っているのかも判りませんが、少し心残りだったので改めて行ってみることにしました。

田原坂の時は熊本市側から行きました。私学党派のルートですね。今回は玉名市側、官軍ルートです。車で行ったのですが、これは相当大変だったのではという感じの坂です。田原坂より全然長いし。

実際官軍は当初、田原坂と吉次峠の二正面作戦を取っていました。兵力も多いので。兵力の分散って駄目なやり方だと思うんですけど。それでどちらも苦戦。吉次峠では篠原国幹を射殺したのですが、弔合戦宜しく私学党軍の怒涛の攻撃に官軍が押し戻されてしまいました。

仕方がないので官軍としては吉次峠は諦めて田原坂に戦力を集中、遂に突破して熊本城を救援したと、史実としてはこうなります。正解ですね。やはり吉次峠の方が坂としてはキツイと思いますので、守備側も守り易かったでしょう。

吉次公園と半高山公園と道を挟んであるのですが、駐車場は半高山公園にあります。吉次公園は道から坂を登って行きます。実際登りはしたのですがあまり整備されておらず、近い枝が邪魔して遠くが撮れず、こちらが半高山公園から玉名の市街の方に向かっての写真です。

玉名と言えば前に大河ドラマにもなった金栗四三の故郷、明治の頃では全然田舎だったでしょう。今も田舎とか言わないで下さい。現在の熊本大学に嘉納治五郎を見に行く場面がありましたが、この峠か田原坂を越えて歩いたと思うと凄いと思いました。

あとこちらは説明書があるだけで、特に資料館とかはありません。そういう物を見たい方は田原坂公園へどうぞ。と言うか前回に両方見れば良かったんですよね。失敗です。あとこの近くに篠原国幹戦死地があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。