福岡に半年居ますが思ったほど普段は博多弁を聞きません。

福岡に住んで半年が過ぎました。と言っても同じ日本ですので大した違いは無いと思っていますし、実際不便等は感じていません。若い頃に仕事でオーストラリアに住んでいた時のことを考えればそりゃそうなんですけどね。オーストラリアに住んでいた時も同じ人間なんだしと思っていましたが。

言葉に関してはほとんど違和感はありません。博多弁丸出しで話をする人にはまず会うことはありません。語尾の「〜と」がたまにあるくらいですかね。一回高齢のお医者さんでいらっしゃいましたが、ある程度住んでからだったので理解は出来ました。

こちらに来て一週間くらいの頃に、熊本でもかなり山奥の方に行った時、結構高齢の方とお話しする機会があり、全く分からなかった記憶があります。何か同意を求めているっぽいけど、どうしようかなとか思った記憶があります。

熊本ですと「そぎゃん」「こぎゃん」「どぎゃん」辺りは比較的若い方でも使う人がいます。「いだてん」という大河ドラマでも出てきた言葉でしたので、まあ聞いてもそんなに違和感はありませんでした。

博多弁としては「とっとっと」とか「ばってん」とか有名ですが、正直使っている人をほとんど見かけません。私が関東人だから私に対しては使わないというのもあるのかも知れませんが、街中でも聴こえてくることがまず無い感じです。

それと余談になりますが、若い子の「めっちゃ」がすごく気になります。「とっても」の博多弁としては「ばり」があり、麺の硬さとかで関東でも知られる言葉です。せっかくだから「めっちゃ」でなく「ばり」を使って欲しいな、とか思う関東人でした。余計なお世話?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。