十日恵比須神社 福岡市博多区

十日戎って関東だとあまり聞かないお祭りですが、関西から西ではあるお祭りみたいです。戎ってあんまり良い漢字では無いと思うのです。中国だと蛮族に当てた漢字だったりします。狄とか夷とかそうですね。

東京に恵比寿という地名がありますが、神様の名前としてはこっちの漢字の方が一般的なような気がします。七福神のメンバーとしての恵比寿様、やっぱりこの漢字の方がしっくり来ますね。関東人だから?

ところがこちらの神社は恵比須、そのほか蛭子や恵美須の漢字を当てるところもあります。何か頭の中がぐちゃぐちゃになってきました。話が進まなくなるので、こちらの神社に話を戻しますね。

博多駅から北に向かいますと福岡県庁があるのですが、その脇に東公園があります。この公園は別の機会にご紹介出来ればと思いますので本日は触れません。そしてその脇にあるのがこちらの神社です。

本当は正面から撮りたかったのですが、何となく後ろから撮ってしまいました、手水舎の鯛です。恵比須だから鯛なんでしょうね。柄杓はもともと無いのか新型コロナ・ウイルスの関係で撤去されているのかはわかりません。

失礼ながらあまり大きい神社ではありませんので、手水舎から本殿はすぐそばになります。そちらでお参りしましたが、主祭神が大国主と恵比須、あれ?なんで?と思ったのですが、恵比寿は大国主の子どもなんですね。不勉強でスミマセン。

親子だから一緒でいいということにはならないとは思いますが、勝手に納得しました。お祭りが無い時はこちら大変静かです。でも公園と隣り合わせなので、公園に来た子供連れなんかも来たりしますので、それなりに人の行き来はあります。

今年は十日恵比須、やりますよ。偉そうに書いていますが、詳細は知りません。勿論今のご時世ですので通常よりはかなり縮小して行われるとのことです。あんまり行くことを勧めにくいご時世ですが、気になる方は密に気を付けてお出かけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。