先週書けばよかったんですが、県民の日は色々無料!でもやっぱり混んでいました。

先週の土曜日に何となく器の話を立ち上げて、川越市街の方に用があったので出かけました。そうでした、11月14日は埼玉県民の日でした。社会人になると平日でも休みになる訳ではありませんからね。忘れていました。

用事の方は早々に済ませてとにかく美術館と博物館は行こうと思い、そちらに向かいました。本丸御殿も見ようと。今週の月曜日に美術館の記事をアップしていますが、そちらはもっと前の日に行っています。サンタの掛軸はありませんよ。

一番街を歩いて行くと、川越まつり会館も無料になっていました。これでは先日4館共通入場券を買った意味がない、と思ったりもしたのですが、まず一件目、入ることにしました。そしてこれはこの後の施設も同じですが、いつもよりも混んでいました。

中に入ると体温チェック。ワタクシ平熱が35℃くらいしかありません。なので非接触型体温計ですと、まともな数値が出ないことが良くあります。特に寒くなって来ていますので、皮膚も冷たいですから。

数回やって貰って33℃くらい、次の人はちゃんと出て、ワタクシに戻ったら34℃、もういいですという感じで通されました。こういうことはもうしょっちゅうなので、あまり気にしていませんが。

展示は前ご紹介したので端折ります。次に本丸御殿、こちらでは体温はちゃんと出たようです。でもこちらもお客さんだらけでした。前行った時は縁側に座ってひと休みしたのですが、そんな雰囲気もなく終了。

そして美術館も博物館も混んでいました。いつもはゆっくり観られるのですが、前を人が横切ったり、あんまり来なれていない人も多いんでしょうね。でもライト層が来ないと施設としては厳しくなるので文句は言いません。

どの施設も同じですが、子ども、未就学児がとても多かったです。未就学児は普段でも無料ですが、付き添いの大人の分は節約できますものね。何だか10数年前の我が子たちを思い出し、甘い気分になりました。その時は大変だったはずなんですけどね。想い出は美化される…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。