上野原宿 本陣跡 山梨県上野原市

東京から中央本線、車なら中央自動車道若しくは甲州街道を西に向かうと、何故かちょっとだけ神奈川県に入ります。明治になっての都合でもなく、旧相模湖町、藤野町とも相模国だったようですから、昔からちょっとだけは神奈川県に入るようルートが決まっているんですね。

そこを超えると山梨県になるのですが、その最初の自治体が上野原市になります。中央線快速の一部が更に先の大月迄延びた関係で、こちらも東京の通勤圏となっています。終電過ぎてタクシー帰宅は金銭的にはきついかもしれませんけど。

旧甲州街道で、今の上野原市域には4つの宿場町がありました。上野原、鶴川、野田尻、犬目の4宿です。ところが甲州街道が新道に変わってしまい、上野原より先の3宿は外れてしまいました。野田尻宿は未だ古い家が結構残っていますが、他の2宿は家々もかなり建て替えられ、旧宿場の雰囲気はありますが、あまり郷愁を誘う感じではありません。

そんなことを言ってしまうと、旧上野原宿辺りは昭和の時代にかなり開発され、単なる商店街になっています。更にそれもだんだん寂れて来てシャッター通りの一歩手前、というところまで来てしまっています。それでも新しい店も出来たりして、何とか持ち堪えている感じです。

旧宿場の名残りというところで、本陣跡の門を撮ってみました。甲州街道からちょっと中に入るのですが、その路地が又、スナックだったり色々店があって、昭和の香りがほのかにするのですが、行ったのは昼間なので特にどこも開いている訳でもなく。

門に表札があって、奥の家と同じ苗字なので、恐らく門の先は私有地と思われます。なのでこちらからの写真となりました。さすが本陣、立派です。でも残っている建物で、自由に見ることができるのはどうやらこれだけのようです。

甲州街道は元々江戸陥落時の脱出路という想定だったので、参勤交代で利用する藩は限られていたようです。なので宿場もあまり儲からなかったらしいです。そんなことを思い出しながらここを後にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。