ヤオコー川越美術館 ラウンジ

美術館の紹介の中で書きなさいよ。そういう声も聞こえてきそうですが、ラウンジだけの利用も可能なので、敢えて別でご紹介させて頂きます。

実際、川越を観光で歩いて行くと、北限としてはだいたい氷川神社くらい迄だと思います。一応もっと北に川越夜戦の跡とかもあるのですが。皆さん縁結び好きですものね〜。氷川会館にもラウンジはあるのですが、いつも混んでいますし、この辺りはなかなか寛げる場所がないので、覚えておけば意外と穴場かもしれません。

前回、展示室2を出た所で終わっていますが、出るとすぐにラウンジがあります。テーブルが複数台あり、カウンターで注文し席まで持って来て頂けます。紅茶だけにしようと思ったのですが、何故かおはぎ130円、とあり、見るとヤオコーのお惣菜でした。前回の説明通り、ヤオコーのお惣菜は美味しいのでこれも美味しく頂きました。でも西洋画の美術館におはぎ…。

ケーキなんかもあるのですが、和菓子党としては紅茶ですがアンコ。でもフォークで食べたことないです。お上品かどうかはわかりませんが手を汚さず食べました。紅茶も美味しく頂きました。

ラウンジにも展示がありました。丁度黄葉の美しい絵と紅葉が映える素晴らしい絵を正面に、贅沢な時間を過ごした感じでした。特に黄葉の絵は今回見た中では展示室の絵も含め、一番気に入った作品となりました。

老夫婦とお孫さんで来られている家族がいました。女の子でしたが走り回るでもなく、とてもお行儀が良かったです。幼稚園か小学低学年と思われましたが、私だったら走り回って怒られていただろうな、と思ってしまいました。そんなことを思いながら、ゆっくり時間が流れて行きました。又、夏にでも行こうかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。