ベン・ハー 図書館DVD

皆さま、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。今年最初の投稿です。こちら私というよりも私の親の世代にとっての名画です。アカデミー賞11部門受賞はタイ記録こそ出たものの、半世紀を優に過ぎても最多受賞記録を守っています。お金も掛かっているんだろうなあという印象です。

監督はウィリアム・ワイラーです。「ローマの休日」と同じ監督です。日本だとオードリー映画に関わると、それを代表作にされてしまう感じがありますが、さすがにワイラーの代表作はこれでしょうね。

ただ少し残念なのは、当時のスターを集めて映画を撮っているはずなのですが、現代の目線から見ると、チャールトン・ヘストン以外の俳優さんの顔触れがあまりパッとしない印象です。他の人の演技も良いと思うんですけどね。

この映画を同時代的に観た世代の方に話を聞くと、戦車競争の話に必ずなります。バーチャル・リアリティも何も無かった時代ですから、馬から何から全て整えて映像を作ったことを考えると、とんでもないシーンです。

副題が「キリストの物語」となっています。映画の最初がキリストの誕生から始まり、途中、ベン・ハー青年が苦しんでいる時に水を差し出したり、最後は処刑の場面が描かれます。信者でない日本人にはピンと来ませんが、宗教映画の側面も大いにあります。

チャールトン・ヘストンってコスチューム・プレイが本当に似合います。今回も架空の人物とはいえ、ベン・ハーさんになり切っています。本当は当時のユダヤ人もローマ人も金髪碧眼じゃないと思いますが、この辺の映画の影響もあって金髪で描かれることが多いですよね。

奴隷制とか、業病=ハンセン病とか、現代では問題があることがいくつかありますね。囚人の人権もですけど。あとメッサラはベン・ハーの妹ティルザのことは好きでも無かったんですかね。そこを悩ませるとストーリーが進まなくなるからかしら?

全部で4時間近い大作ですが一気に観てしまいました。普通何処かでダレるものですが流石の名作です。ただメッサラとベン・ハーの愛憎はもう少し描かれても良さそうですが、これ以上長くなられても…。一度ご覧あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。