フラッシュダンス 図書館DVD

この映画ですがイマイチ共感出来なかった記憶があります。バレエ団のオーディションをバレエ未経験者が受けて受かる物じゃないでしょうと。それとあの頃は白人じゃないと未だバレエは駄目な雰囲気だった気がするのですが…。

まあそこは映画なので割り引いて観ればいいのですが、未だ私も若かったんですね。この映画の肝はやはりジェニファー・ビールスという若いスターの誕生を見届けるという所なんですよね。だから細かい所は大目に、ねえ。

貧困層がダンサーを夢見て、というのはそれこそ「サタデー・ナイト・フィーバー」と同じですけど、そこはやはり80年代です。女性の時代と言われていましたね。ジェニファーが自転車で移動するのも格好良かったですよね。

ジェニファー・ビールスはこの後の映画がコケてしまい、長い低迷期に入ってしまいました。とはいえこの映画での彼女は本当に輝いています。ダンスの部分は吹き替えだったりするようですが、そんな事もどうでも良い感じですね。

そしてこちら、ハリウッド映画で初めてブレイク・ダンスを取り上げた作品なんだそうです。それこそ「サタデー〜」でも普通のディスコのダンスでした。冒頭書きましたがバレエも出て来ますよ、勿論。

フィギュア・スケートをやっていた友人が、ストリップ・ダンサーに堕ちてしまうという件りがありますが、演じていた女優、サニー・ジョンソンさんはこの出演の翌年、くも膜下出血で30歳の若さで亡くなったそうです。ここからステップ・アップ出来そうな雰囲気はありますけど、本人が一番無念だったでしょうね。

亡くなったの流れで大変申し訳ないのですが、ローラ・ブラニガンの曲が2曲使われています。「グロリア」は映画の2年前に全米2位になった彼女の代表作です。彼女は2004年、脳動脈瘤により亡くなりました。この人の紹介は図書館CDでは出来ないと思いますが、80年代を彩る女性シンガーの先駆けだったと思っています。

音楽ではテーマ曲が有名です。アイリーン・キャラが歌っています。この人もその後裁判に巻き込まれて失速してしまいました。アイリーンもジェニファーもこの映画で成功したのに、その後の栄光を掴みきれなかったということになります。ショービズの世界って難しいですね。

女性の話ばかりになっていますが、それ以前の映画ならこんなに女性の話題だけで話が出来なかったと思います。でも裏ではセクハラ問題があって、me too運動が起こるのは未だ30年も先になりますが…。少しずつでも良い世の中になって行っていると信じて筆を置きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。