シコふんじゃった。 図書館DVD

本木雅弘さんはシブガキ隊としてデビューして、解散して今はすっかり役者さんですが、こちら、何となく役者さんとして軌道に乗って来たな、と世間的にも思われ始めた頃の作品です。その後大河ドラマの主役をやったりしています。

昨年も大河ドラマが話題になっていましたよね。最初期しか出ていませんが、斎藤道三を熱演されていました。背も高いしルックスは申し分ないのでこれからも俳優として益々ご活躍されると思います。

そしてヒロインは清水美沙さん、あ、この頃は美砂さんでしたね。人気の俳優さんでしたが女性の場合、年齢を重ねても主役級の役をやれる方ってどうしても少なく、清水さんもあまり活躍しているイメージがありません。

こちらのジャケットですが、ギリギリ本木さんのお顔は見えています。テプラの位置、もうちょっと上でも良かったんじゃないの?と思いますがまあいいでしょう。でも価格15000円って、何時も思いますがそもそもお金?

映画自体はテンポも良く、楽しく観ることが出来ました。監督は周防正行さん。今どきの大学生としては相撲なんて恥ずかしい、という設定はその後の「shall we ダンス?」の男がダンスなんて、という設定にも生かされます。

竹中直人さん、柄本明さん、田口浩正さん、周防作品の常連ですが、やはり良い役者さんです。何を求められているのかしっかり理解して演じています。そしてそれぞれの個性を監督がしっかり引き出しています。

六平直政さんが出ていたのに、最初観た時はその存在を知らず、今回観て「出てたんだ」と思ってしまいました。この人もコメディ・センスある人なので、いま観ると何かやって欲しかったと思ってしまいます。

それと太めのマネージャー役の女性、梅本律子さんは、その後の作品がありません。あったのかもしれませんが。でもお尻まで見せての演技だったのに何か残念ですね。作品は残りますけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。