サンマルクカフェ 東武ふじみ野駅前店 ふじみ野市

ふじみ野駅というのは東武東上線では2番目に新しい駅です。元は何もない原っぱみたいな所だったそうです。そこに東武鉄道が駅を作り周辺を開発し今に至ります。開業は1993年、バブル景気の頃です。

開業とほぼ同時に日本初のアウトレットモールが出来たのもこの頃です。かなり遠方からもお客さんが来ていたそうですが後発のショッピングモールに比べて規模が小さく、広げようにも親会社のゼネコンが破綻したりで結局破綻してしまいました。そこは別としてもこちらの駅周辺は毎年少しずつ開発を続けている感じです。

急行停車駅にしたこともあり年々利用客が増え続けているそうです。駅の西口と東口に駅ビルを構え、それぞれスーパーマーケットがあってもやって行けてるようですから、やはり利用客が多いんでしょうね。

駅の改札は一つなのですが改札を出た所にこちらのカフェがあります。東武トップツアーズという旅行代理店と隣り合わせ、というか中で繋がっておりパンフレットを見ながらお茶ができます。又、改札に向かってガラス張りなので電車の発車の電光掲示板が見えます。

ウィンナーコーヒーを頼みました。ウィンナーって伸ばすと違う物のような気がしますが、ドイツ語のちゃんとした発音を知らないので正誤の判断はしません。生クリームたっぷりなのでスイーツは無しにしました。

店内でも奥まった所、恐らく喫煙スペースだったような雰囲気の所に座りました。落ち着けましたよ。ウィンナーコーヒーってクリームを混ぜるのか、ちょっとずつクリームごと飲むのが正解なのか未だにわかりません。わかりませんがコーヒーの味を壊したくないのでちょっとずつ啜っています。

待ち合わせに使うも良し電車を待つのに使うも良し、やっぱり立地って大事ですねと今更感のある感想ですね。ところが私の座った席からは丁度電光掲示板が見えない位置でした。立ち上がれば見えるのですが何度も立ち上がるのもねえ、と思いながらまったりした時間を過ごしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。