サイモン&ガーファンクルのすべて 図書館CD

ビートルズを除けば私の洋楽初体験は多分サイモン&ガーファンクル(以下S&G)になる気がします。兄が借りてきたレコードを横で聴いていた時だと思います。あの頃でも既に20年前の音楽だったのですが、もう50年以上前の物になるんですね。

「コンドルは飛んで行く」を中学校で習いました。縦笛で。これ、アンデス民謡をS&Gが取り上げたと思っていたのですが、20世紀に入って作られた楽曲だったみたいですね。彼らの曲で有名になりましたが。

1964年にデビューしたもののあまりパッとせず、というかその前にも別名義でデビューしていますがそれも泣かず飛ばずに終わっています。それが1966年に「サウンド・オブ・サイレンス」が大ヒット、ようやくメジャーに漕ぎ着けます。

ビートルズがアメリカでブレイクしたのが1964年ですから、時代は完全にロック&ロールの時代に入っており、S&Gのようなフォークデュオはかなり厳しかったんでしょうね。「サウンド〜」もエレキギターを入れたアレンジにしてようやくですから。

その後はコンスタントにヒットを続け、「明日に架ける橋」が大ヒット、そして解散に至ります。それぞれソロで活動し、再結成したり、又別れたりしています。仲が悪いと言われていますが、その割には?と思っています。

本CDに収録されている曲は、いずれも何処かで聴いたことがあるような物ばかりです。「ミセス・ロビンソン」なんかも軽快なナンバーで良いです。「明日に〜」とかの影響で、重々しい印象をお持ちの方もいらっしゃいますが、「59番街の歌」とか、結構軽めの曲も多いです。

私のようなバングルス・ファンにとっては「冬の散歩道」の元歌は聞き惚れてしまいます。セールス的にはバングルスの方が売れていますが、あの時の彼女たち、出せば何でも売れるくらいの勢いと人気がありましたからね。

個人的に好きな曲は「夢の中の世界」です。最初に聴いた中学生の頃から未だに好きです。何かとても幻想的で、アーティの美しい声が生かされています。あまりメジャーな曲ではありませんが、ぜひ聴いてみて下さいね。

それにしてもまあ、全て聞いて無駄な曲が一つもありませんでした。やっぱり凄いです。聴いたことがない方は是非一度は聴いてみて下さいね。あと、ポール・サイモンのソロでは「グレイスランド」がオススメです。何か取って付けたみたいな終わり方でゴメンナサイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。