コートールド美術館展 東京都美術館

秋ももうそろそろ終わりですが、芸術の秋、というんでしょうか、毎年秋になると大型の美術展が目白押しになります。先にご紹介しましたゴッホ展もそうですが、ハプスブルク展もやってますね。観る方としてはお金がいくらあっても足りない、いくらも持って無いんですけど。今回は東京都美術館で開催されているコートールド美術館展に行って参りました。

日によっても時間によっても違うのでしょうが、ゴッホ展よりはお客さん少なめでした。その分じっくり観ることができました。又、ここで期間内にご紹介できるのも何よりのことです。皆さん、画家の単独展の方が人気があるようですが、外国の美術館の収蔵品を纏めて観られる、こういう美術展もなかなか良いものです。今回、ジョルジュ・スーラの作品も5点ほどありましたが、スーラだけで単独展をしようとしても、100点前後かき集めるとしたら相当大変です。ましてヨハネス・フェルメールなら…。

コートールド美術館は印象派の収蔵品が非常に多く、今回の展示もほとんどが印象派の画家の作品です。ほとんどと書いたのは、例えばエドゥアール・マネ。本人が印象派ではないと言っていますし、作風を寄せて描いた物はあるものの、やっぱりモネ、ルノワールとは違いますよね。「フォリー・ベルジェールのバー」今回展示の目玉となっています。因みにこの絵の解説ビデオの中で、病魔に侵されながらもこのバーに通ったという話が出ていましたが、医者に止められても呑兵衛は言うこと聞かないというのはどこも一緒、と思ってしまいました。

もう一つの目玉はルノワールの「桟敷席」ルノワールらしい柔らかい絵ですが、女性の白い肌は美しく、ドレスの微妙な色使いが本当に美しく、暫く釘付けになってしまいました。ルノワール作品は他にも展示があります。

マネの「草上の昼食」はオルセーでしょう、と思われるかもしれませんが、ここにもあります。恐らくこちらの物を先に描いて、更に大きいオルセーの物を描いたようです。いきなり大きいので失敗するのは怖いですものね。ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」も大小2つの絵があるのは下絵と本絵があるからですよね。

コートールド美術館の収蔵品にセザンヌの絵が多く、今回いっぱい見ることが出来て大変嬉しいのですが、日本人って印象派ではモネ、ルノワール、ゴッホが特に好きですよね。それを否定するつもりはないのですが、他の作家の作品も見ると本当に素晴らしい物ばかりですし、幸せな気分になれるのになあ、と思う展示会でした。12月15日迄開催予定ですので、興味のある方はお早めに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。