オリビア〜ベスト・オブ・オリビア・ニュートン・ジョン 図書館CD

オリビア・ニュートン・ジョンは、杏里さんの「オリビアを聴きながら」の影響もあって、バラード歌手と思われている部分があります。「そよ風の誘惑」「カントリー・ロード」などですね。でもですよ…。

オリビアが一番売れていたのはディスコ・サウンドで売っていた頃、「フィジカル」「マジック」「ザナドゥ」とかなんです。でも日本、特に若い人で珍しくオリビアが好き、とか言っている人と話すとやはり「そよ風の〜」なんですよね。

80年代の中半に急速にCDが普及して行き、70年代のアルバムなんかがどんどんCD化され、音楽の「見直し」が行われて行きました。その時80年代前半のアルバムは出て間もなかったのでCD化が遅れた印象があります。オリビアのディスコ時代もそこでした。

他にも色々要因はあるのだと思いますが、オリビアのベスト盤も何故か初期のヒットを集めた物が多く、オリビア・ニュートン・ジョンと言えばバラードとか、癒しとか、そんな印象になっていきました。杏里の「オリビアを聴きながら」のイメージもあるんでしょうね。

で、このアルバムですが、初期からディスコ時代から入っていること嬉しい限りです。「ハート・アタック」も大好きな曲です。「愛のデュエット」ではトラボルタの声が高すぎてデュエットだけどどっちがどっちか、知らない人は混乱するでしょうね。

クリフ・リチャードとのデュエット「恋の予感」も大好きな曲の一つです。若い頃クリフのバック・コーラスをしていたこともあり、この曲はオリビアにとっても特別な物だと思います。声にも特に艶を感じてしまいます。

それと私、さんざん書いていて何ですが、初期のオリビアを否定している訳では無いんです。「愛の告白」「イフ・ノット・フォー・ユー」も好きです。「イフ・ノット〜」の声、若いです。残っている写真も若く、とってもお綺麗です。

ジャケットの中に歌詞集とかあって、外してしまうものですから、返し忘れたんでしょうね。私も経験があります。でも後でちゃんと返しましたよ。皆さんも忘れても構いませんが、ちゃんと後でも返しましょうね。公共物ですから。図書館CDらしく終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。