エルヴィス・オン・ステージ 図書館DVD

本タイトルはキング・オブ・ロックンロールことエルヴィス・プレスリーの記録映画です。と言っても若い人はおろか、私の同世代でもあまりピンと来ないんでしょうね。ビートルズは音楽の教科書に載っていたりしますが、エルヴィスはまず載りませんから。

作詞作曲をほとんどしていないからと思われます。リンダ・ロンシュタットの回で書いたのでシンガーソングライターと歌手の話はしませんが、教科書の場合は主に作曲者のことを習うので、どうしても曲をあまり作っていないと取り上げにくいですよね。

あとどうしてもビートルズ以前と以後って分け方をしがちなので、私の子ども時代からエルヴィスは懐メロ感がありました。でもちゃんと聴いてみると、非常に優れた声の持ち主で、その魅力を最大限に生かした歌い方やステージングは、やはり一流です。

このタイトルは1970年のエルヴィスですが、ビートルズ、サイモン&ガーファンクル、ビージーズといったエルヴィスより若い人たちの曲も積極的に歌っており、新しく良い物はしっかり自分の物にしている辺りはさすがです。

ステージではヒラヒラした物を付けていますが、私これが昔から苦手でした。でもこのタイトルはリハーサルから観せていますので、そのヒラヒラもあまり違和感なく観ることができました。

「ハウンド・ドッグ」「ラブ・ミー・テンダー」「ハートブレイク・ホテル」「好きにならずにいられない」これでもかというくらいのヒット曲満載です。当時30代後半だと思いますが、今考えると若いですよね。ロックスターが70歳代でも今は現役だったりしますので。

1977年に42歳で亡くなる訳ですが、60年代の不調期を脱し、ステージの充実度などからこの頃が第二の全盛期だったと思います。それがストレスとなり過食症、ドラッグ依存に落ちていく原因にもなる訳ですが。

しかし、先週のクラーク・ゲーブルといい、エルヴィスといい、アメリカのショー・ビズのスターというのは物凄いフェロモン全開というか、セクシーというか、スターってこういうことだと本当に思わせてくれます。ステージ上で観客とあっちでチュー、こっちでチューチューしちゃうってどういうこと?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。