エッセンシャル・マイケル・ジャクソン 図書館CD

もう、この人は説明不要でしょう、と思われる人や物って色々あると思います。私の両親世代なら「美空ひばりっていう人がいて」という会話から話が始まることはないと思います。そんな古い話でなくとも、木村拓哉さんってのもそうかもしれません。

私の世代なら本タイトルのマイケル・ジャクソンも説明不要の大スターのはずなのですが、現状若い方には説明が必要になるんですかね。もう亡くなって10年ですか、月日の経つのは早いものです。ちょっと伝説っぽくなっていますよね。私とて、シナトラについてとかだったら説明が必要かと思います。

90年代以降亡くなる迄ののマイケル・ジャクソンは、マスコミから酷い扱いを受けていました。今ではもうすっかり忘れたか取り上げる時は本当、神様みたいな扱いですからね。勝手なものですよね。もっともバッシング前はかなり持ち上げられていたので、浮き沈みが激しいということにしておきましょうか。

いわゆるベスト盤ですが、ジャクソン5からジャクソンズ、黄金のソロ時代と満遍なく網羅されています。ソニー側でのベストなので、モータウン時代の曲は少なめです。「帰って欲しいの」とかの声は完全に子どもですので、並べると逆に違和感が。

中身はヒット曲のオンパレードで、私など何を聴いても知っているものばかりです。あんまり曲も古びて無いし、「THIS IS IT」の紹介でも書きましたが、50歳にしてスーパースター、スキャンダルを考えなければ本当にカッコいいまま終わったミュージシャンです。

年代順に並んでいるだけなので、どこから聴いて頂いても問題ありませんが、個人的にはアルバム「スリラー」「BAD」からの曲が聴きやすいですね。スリラーに関しては日本でも猫も杓子もという感じでしたからね。

図書館にあるものはなるべくエバーグリーンなものであるべきと思っていますので、本作はまさにうってつけだと思います。ただ、何で?というものが図書館の棚に陳列されていることもあるのも事実。そんなものも今後紹介していければと思います。とはいえそんなに多くはないですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。