アンソロジア〜20thアニバーサリー・コレクション エイジア 図書館CD

エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなった時、ショックを受けて文章を綴りましたが、実はジョン・ウェットンが3年前に亡くなった時の方がガックリ来た覚えがあります。キング・クリムゾンとエイジアは本当に大好きで、彼の歌声はずっと心に残っています。

エイジアはそのウェットン、ジェフ・ダウンズ、スティーブ・ハウ、カール・パーマーというクリムゾン、イエス、エマーソン・レイク&パーマーで活躍した人たちが結成した、文字通りのスーパー・グループです。

アルバムで言うと1枚のスーパー・ヒット、1枚のスマッシュ・ヒット、後はまあメンバー・チェンジも激しいし、仕方ないのかなあという感じです。セールス的にも。デビュー・アルバムが上手く行き過ぎたんだと思います。

第一プログレそのものがあまり売れる音楽ではないですから。ピンク・フロイドが異常なだけです。70年代からスタジアム・ロックの時代が訪れますが、マニアックな音楽には厳しい時代だったと思います。

そういえば80年代になってジェネシスはフィル・コリンズ主導でポップ路線、イエスはロンリー・ハートでポップ路線、復活クリムゾンも初のアメリカ人を入れて作風を変えています。エイジアの「プログレ・ポップ」路線も、恐らくその流れだったんだと思います。

本タイトルは彼らのデビューから3枚のアルバム、変則の編集盤、シングルのB面2曲を年代順、アルバムは収録順全て収録されています。年代順に追えるのは良く、どんどんプログレ色が無くなって行く過程も解ります。

ただCD2枚組で、ヒット曲はDISC1にしか入っていないという、非常に偏った構成になっています。ライトなファンのことは考えていません。2枚目のアルバムからのヒット「ドント・クライ」と「偽りの微笑み」くらいはDISC2に回しても良かったと思います。

でも売れなかった3枚目でも「トゥー・レイト」とか、私が好きな曲はあるんです。編集盤の4曲も結構好きだったりします。でも「ヒート・オブ・ザ・モーメント」「時へのロマン」のやたら派手なサウンドがやっぱりエイジアなんですよね。カッコイイし。

エイジアはジョン・ウェットン最後の輝きだったんだと実感しています。ご興味を持ちましたら一度聴いてみて頂けたらと思います。ウェットンのボーカルで言えば、キング・クリムゾンのアルバム「レッド」も良いです。そちらは俳優の高嶋政宏さんがオススメしていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。