てんこもりラーメン

今現在、このブログに「グルメ」というカテゴリーはありません。作っても良さそうなものですが、何となくそのままになっています。大黒屋食堂さんも喫茶甘味扱いでご紹介しました。喫茶利用でしたしね。

じゃあこれは何なんだという話になってしまいますが、こちらは名所扱いです。「はあ?」という感じでしょうけど、以前、子どもの通っている高校のアンケートで「川越と言えば何を思い出しますか」という設問に対し、こちらのお店がランキングに入っていたそうです。

「麺がびろんびろん延びるやつ」「川越に良く来る人なら判るハズ」というような意見だったそうです。昔は他でも見たことがあるような気がしますが、確かに今となってはここくらいでしか見ることはないですね。

もしも他で見つけたら教えて下さい(笑)。もっとも訂正するだけで、確認しには行かないと思います。マニアでもありませんので。どんなマニアだよ。でも川越は鐘撞堂も自動だし…、意味合いが違う?

これだけの紹介では流石に悪いので、中に入ってみることにしました。日によっては女性も居るのかもしれませんが、この日は男性というかオジサンばかりでした。ハイソな女子には無縁な所のような気がします。

何も考えずにランチB、豚マヨ丼とラーメンを頼みました。良く見れば良かったのでしょうが、どちらの料理の名称にも「半」の文字がありません。要は2人前出てきた感じです。戦争を知る親の影響もあり、残すことに罪悪感があるので、もう必死に食べました。ふう〜。

こちら食券を買うのですが、ラーメンも2玉のボタンが1玉より手前に来ています。店名の通りてんこもり、大食いにマッチしたお店でした。いやはや…。事前に確認するべきでしたね。何の為にグルメサイトが存在しているんですか?って話ですよね。

更にチャレンジメニューもあります。食べることは好きですが、フードファイターじゃないんだから…。ランチでいっぱいいっぱいの身としてはとてもじゃありませんが無理でしょう、ということで店を後にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。