しあわせ稲荷小路 本宗稲荷

今回は小道と神社のセットでのご紹介となります。というかこちらは道と神社の両方で風情を醸し出している所なので、切り離すよりも纏めてご紹介した方が伝わるような気がしましたのでこのような形になります。

時の鐘より更に北側の一番街を北に進んで行くとその路はあります。もともとは単に稲荷小路だったらしいです。道の名前になるような大きい神社ではないのですがそこに本宗稲荷という神社があります。皆さんの街にある住宅に挟まれている小さな祠みたいな規模です。

幸すしのお稲荷様であると説明書きにありました。それでしあわせ稲荷としたのでしょうか。絵馬は幸すしさんで購入だったと思います。確認してませんけど。しかし本当川越は縁結び関係多いなあと思います。

この小路は入り口が何となく雰囲気が良いので入ってみると、でっかい駐車場が面していたりしてちょっと残念な気持ちになったりもするのですが、神社があることで他の普通の路地よりは良い雰囲気を出しています。

こちらの小路には蕎麦屋さん、うどん屋さん、とんかつ屋さん、そして幸すしのお寿司屋さんがあります。この中で私が入ったことがあるのがうどん屋さんの春夏秋冬さんと幸すしさんです。春夏秋冬さんは確かお隣の川島町に蔵を構えるお醤油屋さんが経営しているお店です。

そういえば幸すしさんは昔2度ほど利用させて頂いてます。でもお稲荷さんの記憶がありません。その頃はあんまり地元のこととか気にしていなかったんだなあと思います。今は結構小さな事でも気にするのですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。