ゴダールが…。いつの間にやら600回更新していました。

先日ジャン・リュック・ゴダールが亡くなりました。ヌーベルバーグの巨匠と言われていますが、私がフランス映画を観るようになった大学生の頃、30数年前ですが、その頃でも既に巨匠でした。

でも難解過ぎて何が何だか解らなかったです最初は。何度か観ていくうちに段々慣れて来て、色々観ています。初期のゴダールのミューズにして伴侶だったアンナ・カリーナさんも3年前に亡くなっています。80年代のミューズ、ミリアム・ルーセルさんも美しかったのを覚えています。本人はあんまりモテなかったとか何とか。

自殺幇助ということでしたが病気では無かったそうです。疲れてしまったと。トリュフォーもエリック・ロメールもルイ・マルもとっくに鬼籍。最後の奥様のアンヌさんも見守る中安らかに旅立ったとのことです。91歳。ご冥福をお祈りします。

そして忘れていたなら書かなくてもよさそうなものですが、このブログ、600回を超えていました。途中迄は気にしていたのですが、先に3周年が来てその後新型コロナ・ウイルスに罹患してと、すっかり忘れていました。

振り返りはこの間3周年でやってしまいましたが、まあ自分では頑張っているつもりです。いや、頑張っているというのも違いますか。ネタ探しから何から楽しくはやっています。遅筆が問題なだけで。

福岡に来てもうそろそろ1年になろうとしていますし、近所を散歩して色々見ているはずなのですが、今でも「こんな道あったっけ?」とか、「こんな店あったかなあ」と思いながら歩いています。

周りの方からは自転車買ったら?と言われるのですが、やはり歩いた方がじっくり見られますし、ダイエットにも良いような気がしています。まあお米を買う時なんかは自転車あった方が良いかな、とは思ったりもしますが。

昨年は気付いた時には間に合わなかった秋桜を今年は見に行きたいと思っています。向日葵も結局能古島で少しだけ見ただけでした。その前の紫陽花もあまり見られなかったなあとか思っています。

そうやっているうちに又一年又一年と過ぎて行き…あら怖い。こうやって歳って取って行くんですね。年金ってちゃんと出るのかしら?とかそろそろ真剣に考えなきゃいけないお年ごろなんですよね。何か現実に帰ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。