あまりメジャーではありませんが、3000m障害走で三浦龍司さんが7位入賞しました!

暑い日が続いていますね。皆様もお身体大事になさって下さいね。川越は相変わらず暑いですし、外出自粛の折り、しっかり空調はしてお過ごし下さいね。電気代を節約して命を奪られては元も子もありませんから。

オリンピックももうすぐで終わります。こんな状況でできるの?と思っていましたが、できてしまいました。まあ、大きなクラスターも無く終わるのは大会関係者の方々もホッとしていらっしゃることでしょう。

家時間でオリンピックを観るというのも良いのかもしれませんね。ただ、ニュースを観るとどの局でもオリンピックの話と新型コロナ・ウイルスの話が交互に出てきます。「炎のランナー」と「復活の日」を交互にやっている感じですかね。

そのオリンピックで、日本ではかなり地味な競技になりますが、3000m障害という競技で三浦龍司さんという方が7位入賞されました。日本人がトラック競技で入賞は5大会振りということで素晴らしい記録でした。最後粘っての入賞でしたから、本当に良かったです。

私、陸上競技ではこの競技が一番好きという変わり者なのですが、子どもの頃のロサンゼルス五輪で観てからすっかり好きになってしまいました。平均台のような障害物と水濠を超えて行き、タイムを競います。

友人の陸上経験者に聞くと、そもそも水濠を備えたトラックがあまりなく、練習もなかなか大変と言っていました。又、水濠に入るとシューズが重くなり、観ている以上にキツい競走だと言っていました。

三浦さんは未だ19歳だとのことですので、次回は一つでも順位が上がると良いですね。それとこの競技、3000m以外の距離はありません。ですけど3000mと距離が名前に入っています。何でなのかは知りませんが。

他にも色んな方が頑張っていらっしゃるのですが、流石に全て取り上げられませんし、知識も無いので、好きな競技の話をしてみました。普段もDVDの紹介であまり皆様のご興味をひかないような物を紹介していて今更ですけど。メジャーな物は誰か紹介しているでしょうし。

新型コロナ・ウイルスの方は未だ大変な状況が続いています。お盆はパラリンピックもありませんが、恐らくオリンピックの振り返りをやるんじゃないですかね。私は盆明けに2回目のワクチンがあります。それまではやはりおとなしめに過ごしましょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。