緊急事態宣言延長で、まん延防止もそのまま?昨年はどうだった?

緊急事態宣言が延長され、埼玉は範囲ではありませんが、まん延防止もそのまま延長されることになりました。昨年の時は図書館が使えずこのブログも円盤が借りられないとかありましたが、今回はそういうことはないので、このブログとしてはそれだけは良かったのですけど。

酒類もまん延防止地域は提供されませんが、結局境目のところの提供される地域にお客さんが流れている感じです。それで良いのかなあとは思いますが、行政ってそういうものですよね。当事者にとっては死活問題ですが。

私はお酒は飲みますが、あまり外に飲みに出掛けるということはありません。又、食事と一緒にお酒を飲むこともないので、今回の措置ではあまり影響はありません。せいぜい8時以降に外食に出られないことくらいです。

ただ、埼玉県のHPを見てみると、別にまん延防止地域以外も基本は提供しないで欲しいという感じなんですね。一人客や同居の家族だけのグループのみ8時迄提供可ということらしいです。これは守られているかしら?

私の両親は東京ですが、ワクチンの予約が全然取れないと嘆いていました。どこの自治体でも同じようなことが起きているようです。焦らずにゆっくりやるとは言っていますが、むしろこっちが心配しています。

それよりも20歳代と50歳代、60歳代前半が同じ扱いなのはズルいと思ってしまいます。年長者に優しくしてね。とか言っていますが、他の事で区別されたら「年寄り扱いされた」と憤慨するんでしょうし。あ、ワタクシ未だ席を譲られたことはありません。

去年はどうだったかなぁとブログを振り返ってみたら、ハマスホイの山口の展覧会が約2週間だけですけど開かれるニュースを取り上げていました。そう、5月25日に最初の緊急事態宣言が解除されたんでした。

昨年5月29日、東京の新規感染者が22人、15日ぶりに20人を超える、というニュースも発見してしまいました。本当に隔世の感があります。今は逆にこのくらいになったら言うこと無い感じですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。