福岡市美術館 福岡ミュージアムウイーク2022

福岡に来て初めての美術館です。と言うか新型コロナ・ウイルス以降、行く回数がめっきり減ってしまいました。予約して行くとかやはり面倒臭く…、フラッと行きたいんですよね。雨の日はやめたいとか、雨の日だからこそ室内イベントに行きたいとか、勝手ですけど。

10数年前に行ったハンマースホイの展覧会なんて、本当に偶然でしたから。フェルメールを見に行って人混みにうんざりして、あまりゆっくり見れずフラストレーションが溜まっていたところに看板が見えて、たまたま入ってみたら大正解だったという感じでした。

今回はミュージアムウイークにかこつけて博物館の次に美術館に行きました。大濠公園のそばにとっても綺麗な美術館です。特別展は別料金ですが、こちらもこの期間常設展示は無料ということでした。

こちらの美術館は日本人画家の絵が多いのですが、どうしても洋画に魅せられて気になったのはシャガールとダリ。こちらは「空飛ぶアドラージュ」シャガールらしい幻想的な絵です。あー、やっぱり良いですね。フジタの絵もありました。

と言いつつも橋本雅邦に魅せられたワタクシとしては、狩野雅信の「隅田川図」も見てきました。狩野派最後の当主ですが、岡倉天心からは凡庸と評されています。いやいや雅邦の師匠、淡々とした美しい絵でした。

ちょっと時間が無かったので早足で回ってしまい、あまり色々感想が書けないのですが、仏像もあったり陶器があったりで見ものは多いです。美術館を出ると季節の花に事欠かない場所でもあるので、皆さまもぜひ行ってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。