旬のものを食べる幸せ。春はタケノコ。それと猿に御用心。

私の実家は工場街と商店街に隣接していました。なのであまり土に縁がありません。ちょっと自転車を走らせると畑もあったし少ないですが田んぼもありました。でも野菜スタンドは見当たらず。その頃は子どもで興味がなかっただけかもしれませんが。

川越市は産業のバランスがとても良い市だと言われています。市街地は観光業もそうですが、大きな会社の支店が多いです。大きな工業団地も2つ、農業もさつまいもが有名ですが、田んぼもあちこちにあります。

数字的にも第一次産業、二次、三次、だいたい三分の一づつらしいです。なので見る人によってさまざまな印象になります。ただ、だいたいの方にとっての川越は、やはり蔵づくりの街並みということにはなりますけど。

私自身は、季節を感じながら旬のものを楽しむというのが最高の贅沢だと思っています。先ほどの野菜スタンドもそうですが、地元のJAの直売所も良く利用させて頂いてます。見るだけでも楽しいんですよね。

春はタケノコ、夏は枝豆とトマトととうもろこし 、秋はピーナッツと栗、冬は里芋、結構続けて出してしまうので、家族もちょっと飽きが来たりしますが、やはり出始めは「ああ、そういう季節なのね」という感想をもらいます。

なので今の季節はタケノコですね。以前は色々アレンジも考えたんですが、最近はたけのこご飯を主に作っていますか。もうそれだけでおかずは特に要らないくらい美味しいです。やっぱり旬のものはすごいです。

お金持ちではないのでそんなに贅沢はできないのですが、旬の食べ物を食べるというのが今一番の贅沢です。そろそろタケノコも終わりますので、つぎの旬まで待ちましょう。菜の花も良いですね。

それと先週末から猿の目撃情報が出ています。岸町、新宿、仙波、上戸と来ています。猿も生きる為に必死でしょうから、見つけてもあまり近づかないようにしましょうね。私もですけど。群れからはぐれちゃったのかな?

以前の記事にも書きましたが、寄居の日本水を汲みに行った時にイノシシの群れに出くわしたことがあります。周囲はもう暗くなっており、眼が鋭く光っていました。過ぎ去るまで車から一歩も出られませんでした。

野生動物はこちらの都合では動いてくれませんので、くれぐれも気をつけましょうね。とか言いつつ、ちょっと見てみたいなあと思う自分も居たりして…。でもやっぱりふいに出くわしたら怖いかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。