新倉ふるさと民家園 和光市

先日の長距離ウォーキングで白子宿などを通った和光市ですが、正直通り過ぎるだけであまり行ったことがありませんでした。市内にある理化学研究所の解放日に子どもと行ったくらいです。

東武東上線で、埼玉に入って最初の駅になりますが、地価が下がりにくいことでも知られています。地下鉄の有楽町線も利用出来ますし、先程の理研やホンダと言ったサラリーの高い事業所があるということも要因みたいです。

その和光市駅から歩いて10分もかからないところに今回のスポットがあります。旧冨岡家住宅と言って、元々は現在の外環道のところにあって、解体し、部材を市に寄付、市によって復元して一般公開している、というところです。

推定築300年以上と言うことですが、なかなか民家は保存が良くないですから、かなり貴重な建物になります。こういう建物はどうしても現役で使うのは今の時代大変です。でも壊したらもう作れませんからね。

柱が邪魔だなあと思いつつもスロープから撮った写真です。藁葺き屋根の趣きのある家ですね。もう一つ建物があるのですが、そちらは昔の遊び体験、竹馬とかですが、ができる施設となっています。

中は土間、板の間、畳敷に綺麗に別れていました。土間には釜戸があります。恐らく昔は牛馬やニワトリを飼っていたんではないかと思います。昔の農家って他もそんな感じの所が多いですから。

板の間の梁も立派でした。真っ直ぐな木ではなく、曲がった木に合わせて建物の構造にしている、本当の昔の家です。畳敷の部屋も手入れが良く行き届いており、客人用だった往年を偲ばせます。

それとパンフレットには記載が無いのですが、昔の脱穀機とか古道具が建物の裏側に展示されています。土間にも昔のお櫃や臼なんかあります。古民家が保存されている所にはだいたいありますけど、見るのは結構好きです。

見るのは恐らく10分か20分そこらだと思いますが、古民家はやっぱり落ち着きます。飲食禁止ですが、畳敷のところでお茶でも飲みたくなる雰囲気です。駅からも近いので、お近くにお越しの時はちょっと寄り道してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。