グレイテスト・ヒッツ シンディ・ローパー 図書館CD

今の立ち位置からですと考えにくいんですけど、80年代の中盤はマドンナと人気を2分していたシンディ・ローパー。私の行っていた高校でも人気は半々くらいだったと思います。シンディ可愛かったですから。

「ウィ・アー・ザ・ワールド」でもかなり目立つパートを担当していました。アクセサリーをいっぱい着けていて、レコーディングではジャラジャラ音が入ってNG、リアクションも可愛らしかったです。

「ウィ・アー〜」ではマドンナは不参加。その後の「ライヴ・エイド」はシンディが不参加でした。そんなことも話題になっていました。「ライヴ・エイド」の大トリでの「ウィ・アー〜」で彼女の声も聴きたかったですけど。

本作は彼女のヒット曲を集めたベスト盤になります。「グーニーズはグッド・イナフ」が入っていないのは残念ですが、あれは映画の主題歌なので、もしかしたら権利の関係とかあるのかもしれません。

彼女の代表作と言えばの「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」ですが、これを聴くと気分が上がりますね。元々は違う邦題が付いていたのですが、シンディ側からNGが出て今の題名となりました。

「タイム・アフター・タイム」も大ヒット曲です。実は作者のロブ・ハイマンはフーターズ(レストランではありません)のメンバーで、フーターズの「朝までダンス」を知った時に「タイム〜」の作者と知って驚いた記憶があります。

「トゥルー・カラーズ」も素敵なナンバーですね。ビリー・スタインバーグとトム・ケリーの当時もっとも成功していたソング・ライティング・チームの傑作です。フィル・コリンズのカバーもヒットしました。

数年前にブエノス・アイレスの空港で欠航とか重なり暴動寸前になった時、シンディがマイクを借りてアカペラで「ガールズ〜」を歌って雰囲気を収めたというニュースがありました。この人本当に良い人です。

又、シンディは大の日本通としても知られています。日本のテレビ番組にも何度も出ていますね。なかなかこのクラスの大スターでは珍しいと思います。これからも素敵なシンディで居て欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。