カラヤン ベルリン・フィル 1957年日本特別演奏会 図書館DVD

図書館とクラシックは非常に相性が良く、私の好きなドビュッシーやバッハ、演奏家別でもホロヴィッツやアシュケナージ、本当に充実しています。本当の愛好家の方々から言わせれば全然なんでしょうが、TSUTAYAとかGEOとか行くと本当に少ないので。

それでもDVDとなると途端に少なくなります。まあ派手な動きがある訳でもありませんしね。でもポップスのDVDよりは多いです。バレエも含めると結構あります。バレエは動きがありますけどね。

これも色々聞いていくと、それぞれの楽器の独奏曲、協奏曲、管弦楽、歌曲などなど、一括りにクラシックと言ってしまうのも勿体ない気がします。その中でも花形はオペラと交響曲かなと思います。

交響曲の指揮者として、日本で有名なのは、というか世界大戦後のクラシック界を支えたのがカラヤンとバーンスタインだと思います。バーンスタインが作曲、しかもミュージカルまでこなしたのに対し、カラヤンは公演と録音(録画も)、演奏活動に邁進し続けた人です。

このDVDでのカラヤンは40代後半の物で、正直私なんかはカラヤン=お爺さんのイメージだったものですから「若い!」というのが真っ先に出た感想です。それとこの人カッコイイんですよね。それも日本での人気に一役買ったことはあると思います。

しかし、この時代の演奏でステレオというのはとても貴重ですし、単純に嬉しいですね。ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、最初から引き込まれます。ベートーベンの第5、所謂「運命」ですが、聞き入ってしまいます。

しかも第5は第4楽章迄聴けちゃうという、何とも贅沢な構成になっています。日本人はベートーベンが好きというのはありますが、大サービス?日本人のベートーベン好きにカラヤンが貢献しているのかしら?それは私にはわかりませんが。

又、特典映像ということで、名古屋での公演、管弦楽組曲第3番からアリア、「G線上のアリア」が入っています。こちらは録音状態はあまり良くありませんが、大好きな曲なので個人的には大満足です。

絵画に関してもそうですが、クラシック音楽に関しても、私正直ド素人です。「なに言ってるんだか」と思われたらごめんなさい。でも観たり聴いたりすると、本当に幸せな気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。